ディープウェル工事

ディープウェル工法による地下水位低下処理工の特徴

ディープウェル工法は、深井戸を工事用に改良した工法で、地下水位低下、被圧水の減圧、軟弱地盤の改良などに最適で、現在建設工事の基礎工事に広く普及されています。

1.地下水位の低下

自然水の水位低下、被圧水の減圧および水位低下による土木工事の簡素化によって、究極的には全体工期の短縮による経済的効果が得られます。

2.工事仮設の簡素化

他の排水工法と異なり、ケーシングパイプや排水などが、工事仮設に対し支障がなく施行できます。

3.地盤の強度増加

水位低下による法面、山留背面、掘削底面の地盤強度の増加がはかれます。

4.負圧効果

バキュームを併用することにより、脱水効果をあげ、軟弱地盤の改良も可能です。

5.水位低下の深度

土質および施行計画により、水位低下はGLより100m前後、期待できます。

柏沼南ショッピングセンター新築工事 ディープウェル(BG工法)

ページトップへ